被災地へ向けたふなっしーの言葉に涙

東日本大震災が起きてから、4年目を迎えました。
ニュース番組では、様々な事が報道されています。
今でも仮説住宅に住んでいる人がいる、ストレスなどによる震災関連死など、胸が痛みます。
そんな時、千葉県船橋市の非公認ゆるキャラの「ふなっしー」の行動が飛び込んできました。
彼は、仕事で海外へ出張中なのに、被災者の方々を心配する、ツイートを載せたそうです。
その言葉には、いつも使っている「なっしー」の語尾の言葉は付いていません。
被災者へ、色々な人が忘れていない、寄り添っている。
そういうメッセージなのです。
聞くと、毎年、ふなっしーは、支援金をも送っているそうなのです。
その彼の誠実で親切な人柄に感動し、涙する一方で、そのツイートを読んだ多くの人からも、メッセージが寄せられています。
被災地の人は、感謝の気持ちを込めて涙しています。
又、それを読んだ人達も、涙が出た、と称賛しているのです。
あの震災は誰も忘れていない、被災者が一刻も早く気持ちがいい暮らしを送れるように、いつも願っている。
そんな言葉こそ、被災地の人々が一番欲しかった言葉なのではないでしょうか。
前から、ふなっしーは、ワイルドながらも、歳上の人や、技術者などには丁寧な態度をとっている、と感心していました。
今度の事で、遥かに彼が好きになりました。
人々の悲しみを希望に変える為に、これからも、妖精業を頑張ってほしいと思います。
脱毛 予約 取れない

コメントは受け付けていません。